2010年01月28日

節分 本番間もなく 福升作り 三重・二見興玉神社(毎日新聞)

 節分(2月3日)を前に、三重県伊勢市二見町江の二見興玉神社で、福升作りが進められている。

 福升は、厄よけなどを願う縁起物で、17センチ四方、深さ9センチ。側面に打ち出の小づちと赤鬼、夫婦岩、底には、お多福が描かれ、「家運隆昌」「商売繁盛」の焼き印が押されている。

 社務所では、白衣に緋袴(ひばかま)姿の舞女が、升の中に福豆と厄よけのお札を入れ、紙で包む作業に追われている。今月末までに1500個用意し、1個5000円で授与する。

 同神社の節分会は2月3日午後2時から。【木村文彦】

【関連ニュース】
巻きずし商標権:イオンが逆転勝訴…大阪高裁判決
節分の縁起物:くま手づくり最盛期 愛知・西尾の勝山寺
掘り出しニュース:4メートルの赤鬼 仁王門前に登場
節分祭:準備着々、福豆2万8000袋−−中央区・湊川神社 /兵庫
節分会:恒例、多彩なイベント−−伊勢・おかげ横丁 /三重

柔道初段コンビニ店員、強盗に“一本”(読売新聞)
<総務省>58事業に改善勧告…雇用保険料の08年度運用分(毎日新聞)
<合掌土偶>八戸市が商標登録 「広く使って」 業者の独占防ぐ(毎日新聞)
暫定税率、ガソリン価格が3か月連続160円超で課税停止(レスポンス)
大阪・南署に収容の泥酔男、保護室で放火(読売新聞)
posted by nup9pz6jhh at 09:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。